アルミ合金製蓋メーターボックスM-40 
<長年の実績と完璧を追求したアルミ合金製蓋メーターボックス>
アルミ合金製蓋メーターボックス M-40 [底板・泥除け]

 

他にM-13型、M-20型、M-20L型、M-25L型もあります。
 
【6つの特長】
 車の重量にも十分耐えうる強度がある
 蓋の歪み・そり、変色が生じない
 軽量のため取扱いが容易で、在庫スペースが狭くてよい
 耐候性、耐食性にすぐれた材質を使用し、長年の使用に耐える
 蓋の着脱方法が簡単
 FRP蓋との交換ができる
 

 

<蓋強度試験>

試験速度 5mm/min

加圧面積 100×200×25mm

サイズ

破壊荷重(kg)

M-40アルミ製BOX蓋

5,000以上

M-20L FRP

3,000以上

M-25L FRP

3,000以上

大阪府立工業技術研究所

 
 

<測圧試験>
加圧スピード 30mm/min
加圧板 520×200min

右図のように試験品をセットし、砂袋・加圧板を介して荷重を加え破壊荷重を測定する。
(砂袋には湿った川砂を入れる)

試験品

破壊荷重(kg)

BOX本体

1,045以上

 <土圧試験>
土中埋没後、車輛で量水器ボックスの側近を通過させる。
車輛通貨速度10~20km/hで往復10回繰り返し後、蓋の開閉作動、他異常の有無を確認する。

試験品

通過回数

状態

アルミ製量水器BOX

10回

異常なし

 <サイズ>

M-40型
アルミ合金製蓋メーターボックス08
 

M-13型・M-20型・M-25L型

 

名称

A

A1

A2

A3

B

B1

B2

B3

H

H1

M-13

320

260

325

370

230

165

245

285

180

200

M-20L

390

340

410

456

250

181

270

316

180

223

M-25L

470

420

490

536

270

201

90

336

190

233

 
 <材質>
 蓋の材質
(AC-7A合金の特長)
耐食性、機械的性質の優れたAl Mg(ヒドロナリウム)合金である。AC 7Aは、Mg5%を含み、砂型鋳物で22~23kg/ mm2 程度を持っている。なお、AC 7Aの製品は船舶部品等に広く採用されている。

 

 Lタイプ本体の材質
(M-20L、M-25L)
ABS樹脂(Acrylonitrile-Butadien-Styrene)はアクリロニトリル・ブタジエンおよびスチレンの3成分からなる樹脂で、耐衝撃性・耐候性・耐熱性に優れており、特に自動車の内、外製部品に多く使用されております。なお、M-25L型については、鉄芯をインサートし土圧に対して耐えうる構造を備えております。

 

 付属部品
【メーター台】
メーター台を使用することで、メーターの安定した設置ができ、メーターの取り付け、取替えが容易に行えます。また、メーター台は積み重ねが可能ですので、高さが調節できます。 
【土砂流入防止板】
筺内に土砂や動物の侵入を防ぎ、メーター取り付け作業や、検針作業がより効率的です。


 
HOME 商品情報 会社案内 採用情報 お問い合わせ